スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

香乱記 前編 

kouran.jpg


香乱記、ただいま読んでいる真っ最中です。
で、タイトルが前編なのは、まだ僕が2巻までしか読んでいないから・・笑)
僕はすごい本読むスピードが遅いんで(ってか最近はあまり活字読んでなかったので・・)、けっこう時間かかったりしてます。
今までの宮城谷氏の話は結構内容が奥深く、しかも氏がよく書かれている春秋戦国という時代は、ほとんど無知に近いので、全く読む機会もなく、氏の三国志も実はすごい中途半端なところで止まっています・・・。
で、なぜこの本を読もうと思ったかといえば、関龍白殿が、すごい面白いって仰られていて、で内容もまだわかる漢楚の争いのときなんで、読んでみよう、って思ったんです。
そして、読んでみるとめっちゃ面白い!一巻の最初のほうは意味が全く分からなかった、という部分もあるんですが、すごいよかったです(ってか今まだ読み終えていないので、結論付けられませんが・・)。
今まで斉の田氏といえば、酈食其が釜茹でにされ、韓信によって滅ぼされる、ぐらいのイメージしかなかったんで、すごい驚きが一杯ありました。
早く続きを読みたいです。
スポンサーサイト
[ 2006/05/21 23:56 ] | TB(0) | CM(3)

簡鍛様、こんにちは。如月雪です。
『香乱記』は、私にとって一昨年のNO.1の書籍でした。読めば読むほど面白く、そして、最後の方は号泣していました。
田氏は私にとっては『義』の人です!
[ 2006/05/23 17:56 ] [ 編集 ]

こんばんは~。

NO,1の書籍ですか~。それはすごい期待大です。諸事情によりまだ三巻まで読み進めていませんが、すごい楽しみです。
義の人ですかぁ。
最初のほうは、田氏が大量に出てきて、誰か誰だがわからなくなったりして、困ったりすることもありました(笑)。
こいういう歴史本は結末を知っているだけに、ある意味読み進めていくと辛いっていうこともありますしねぇ~。
でも、そういう感情は捨て去って、読んでいきたいと思います!
[ 2006/05/23 23:46 ] [ 編集 ]

パティシエと30代,40代の転職

パティシエは、洋菓子を作る職人のことをいう http://damfool5.misterblackband.com/
[ 2008/11/23 07:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanshigyoku.blog47.fc2.com/tb.php/60-6f72cfed








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。