スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

諸葛亮没後のマンガ 

31667549.jpg

今まで諸葛亮没後のマンガや小説ってけっこう少なかったですが、今月諸葛亮没後から三国統一までの話のマンガが出るようですね。
寺島 優 原作 李 志清 作画で、黄巾党の乱から諸葛亮没後までが何度も再版されていますが、それの続きのようです。
巻数は三巻と少ないですけど、横光三国志に比べると大分多いですし、詳細を見てみると・・・
一巻→公孫淵の反乱と司馬懿の鎮圧
二巻→司馬氏の台頭、孫権の死、司馬兄弟の呉遠征
三巻→諸葛誕決起、蜀滅亡、魏から晉、三国統一
と、けっこうマンガで描かれるのは初、というのが多いのではないでしょうか。
特に諸葛誕らの反乱とか・・・。
諸葛亮死後がよくわからない人(僕も含めて)、これは買いではないでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2006/03/13 23:39 ] 三国志 | TB(0) | CM(6)

諸葛亮没後について扱った作品がそもそも少ないですからねぇ~
個人的には、
・「魏国内での司馬氏の台頭」「淮南の三叛」
・「姜維の苦闘」
・「呉国内の後継者争い」
とか、ネタは豊富にあると思うのですが・・・
自分の知っている作品をコミックス、小説から一つずつ。
・小説
『後三國志 天道の馭者』(学研M文庫・平野正和)
 主人公は管輅と吃音の武官・・・正体バレバレ(^_^;)
あと、司馬懿を中心とする魏宮廷内の権力闘争にも注目です。
・コミックス
『怪・力・乱・神 クワン4』(志水アキ・MFコミックス)
巻末の収録作品「瞼の楽土」(鍾会)。
鍾会のマザコンぶり(母は美貌で名高い張夫人)をこれでもか、これでもかと見せつけてくれます。あとは姜維にしろ、司馬昭にしろ、この作品の登場人物はみんな病んでます。いや、マジで。どこの病院のお話ですか?
他にも「巌のごとく」(黄忠)が収録されているので、立ち読み可能なら読まれるのも可かと。・・・短編だけのために500円捨てられませんからねぇ~
[ 2006/03/15 01:11 ] [ 編集 ]

こんばんは。
やっぱ諸葛亮死後って、どうしても司馬氏台頭と蜀滅亡がメインとなってしまうことが多いですしねぇ。
とくに呉の話なんてほとんど出てこないですし。
どうしても魏・蜀に比べて脚光を浴びないですねぇ。

>『後三國志 天道の馭者』

へぇー、こんな本あるんですね。管輅と吃音のかわいそうな人が主人公ですかぁ。
おもしろそうですね。今度本屋行ったら探して見ます。

>『怪・力・乱・神 クワン4』

これは聞いたことはありますけど、すごい僕の中では謎な作品です。
なんか曹騰か曹嵩あたりがでてくるとか聞きましたが。
鍾会を主人公っていうのも珍しいですね。某三国志マガジンみたい・・・。
BOOKOFFで探してみます笑)
ちなみに、コーエーから再版される、爆笑三国志復刻版も気になるんですけどね。
[ 2006/03/15 23:09 ] [ 編集 ]

>『後三國志 天道の馭者』
これは結構お勧めです。作品内での登場人物の呼び名とか、結構凝っています。王平もちゃんと「何討寇」(当時は「何平」・討寇将軍だった)と呼ばれますから、雰囲気が出ます。

>『怪・力・乱・神 クワン4』
 はい、本編の方はあんまりというかほとんど関係ないし、私も実は全く判りません。この4巻末尾に付属している短編集2作だけが対象になります。
 で、結構新しい本ですから、なかなか中古本では見つからないかも。立ち読み可能な本屋を捜した方が早いかも知れません。
[ 2006/03/16 02:22 ] [ 編集 ]

なんとなく学研M文庫っていうから、どうかな~、イフものが多いからって思ったんですけど、そうでもないみたいで、ぜひ読みたいです。

よく調べている、といえば・・。
今改めて龍狼伝読んでるんですけど、あれも意外に調べてるみたいで。
あれは嫌いな人多いですけど、僕は好きですねぇ。
[ 2006/03/16 19:33 ] [ 編集 ]

>学研M文庫
 if好きな私は気にならない(^_^;)
てか、結構名作も混じっていたりします。戦国ものですが『斉藤道三 兵は詭道なり』とかお勧めです。「格好いい道三」は見られませんが、英雄ではなく「人間らしい」彼の苦闘の人生を綴ってあります。

>龍狼伝
 結構目の付け所は良いのですが、武術漫画になってしまっているので・・・ これで戦術or戦略級シミュレーションちっくなら言うこと無いのですが
[ 2006/03/17 02:54 ] [ 編集 ]

イフものは、読んだのは異三国志と反三国志ぐらいですからねぇ。
自分で考えるのは好きですけど・・・笑)

斉藤道三って、僕の中ではすごい未知な感じなんですよねぇ。国取物語とか読みましたけど。
ただ、残念なことに日本の戦国時代は詳しくないんですよねぇ。
異・戦国史読んだときも、意味がわからなくって。
もっと勉強したら読みたいです。

>龍狼伝

まぁたしかに武術マンガになってますね。
楽進とかもめっちゃ強いですし。
まさか匈奴に話が移るとは思いませんでした。
[ 2006/03/17 22:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanshigyoku.blog47.fc2.com/tb.php/41-26778dad








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。