スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑談。 

つーことで、どうでもいい雑談を
戦国無双、実はあんまクリアしてません。
あれ以後クリアしたのは、光秀、左近、三成だけっすね。
いまギン千代でやってますが、ひさびさにやるんで肩こって・・・
おまけに肩腫れて
まぁ、運転するので緊張して、っていうのもあるんですけどね。

ってことで、絵文字疲れるんで、あんま使わんと、こっからは。
あさって卒業式っすよ。
やべーよ早すぎるよ。
高校生活ってあっという間って改めて実感。
しかも卒業式の日はだそうで。
全く誰だよ、雨男は!

そういえば、木曜日高速道路で教習っすわぁ。
けっこう楽しみ。
公道とか40KMとかしか出せへんから。
話によればSAによって、たこ焼き食えるって聞いたんですけど・・・笑)
ちょっと期待してます
スポンサーサイト
[ 2006/02/27 21:56 ] 雑談 | TB(0) | CM(4)

改めまして、ご卒業おめでとうございます。
そして、大学生活を満喫してください。てか、俺も学生時代に戻りたいな、と感じる今日この頃。
・・・ただ、今の財力がないと戻っても遊べませんけどね(お

>ローレライ
 そういや、コミックスも展開していましたね。
コンビニとかには無くって、サブカル系の御本が充実した書店とかだとおいてあるのですが・・・ やっぱ、映画化されたとはいえマイナー作品ですからねぇ~
・・・俺もコミックスとかDVDは見ていないので、小説のみのファンだったりするわけですけど。

>高速道路
 俺は実は高速教習抜きで免許を取っています。代わりに「高速シミュレータ」というので一応その分の教習をすませたのですが・・・
 当時のポリゴン技術の低さを反映して、非常にハンドルの反応が鈍かった記憶があります。てか、これでシミュレータなのか? とか、ツッコミながらですけど
[ 2006/03/01 00:02 ] [ 編集 ]

こんばんは。
ありがとうございます。
ブログでも書きましたが、あんま卒業した気になれないんですよねぇ・・・。
大学は、とりあえず東洋史なんで、自分のやりたいことができるので、ほんと楽しみです。

>ローレライ
やっぱないっすねぇ・・。
明日紀伊国屋にでも行って、探してきますわ!
実は小説は一巻までしか読んでないんですよねぇ。
映画もDVDコピーしてみたんですけど、フッリツ・エブナー(やったけ?)が出てこないのがなんともいえなくて・・。

>高速教習

今日やってきました。
いや、楽しいですね。
100KM出してました・・笑)
高速シミュレータって面白くなさそうですね。
危険予測のときシミュレータ使いましたが、なんか使いにくくて、ブレーキとかぜんぜんきかへんで、人とか跳ねてましたし・・・笑)

コーエーの武将大全、今日届きましたので、明日ぐらいにレビューさせていただきます。
[ 2006/03/02 17:55 ] [ 編集 ]

>大学で東洋史専攻
 むっちゃ楽しそうですな!
そういや、東洋史専攻で三國志扱っている奴は楽しそうでした。・・・そんな横で延々発掘に明け暮れていたオジオン。・・・考古学じゃなくって文献史学にしておきゃよかった、と今更ながらリグレット。
どうか、オジオンの無念の分も研究にぶつけてください!

>ローレライ
 そうです、フリッツ=S=エブナー少尉です。
こいつと高須大尉が実は一番おいしいキャラだと思っているのですが、どっちも映画で改変されてしまいました。高須大尉はすっかり別人格だし、エブナー少尉は存在そのものが黒歴史扱いとは・・・
 この前情報で、映画を鑑賞する気力を無くしてしまった、と自分で分析しています。

>高速シミュレータ
 危険予測シミュレータも面白かったですね。
転々と転がり出てくるサッカーボールのあと、子供が飛び出してくるのですが、機械の処理速度が遅くて、よく見えなかったりした所為か、轢き殺す実習生が多数。
ええ、私も轢き殺しましたとも(お

>レビュー
 お願いします<(_ _)>
こちらも、『三國志 正史と小説の狭間』(満田剛・白帝社)の簡易版レビュー(というより感想)をupしました。よろしかったらどうぞ
[ 2006/03/03 03:57 ] [ 編集 ]

こんばんは。
東洋史、めっちゃ楽しみですが、自分のレベルで果たして東洋史のレベルについていけるのか、すごい心配になります。
まぁ、初心者の人とかもいると思うんで、まだ、マシでしょうかねぇ??

ロレーライ、結局見つけることが出来ずじまい、っていうか紀伊国屋に行けなかったので、また、改めて探したいですが、やはり、あの文庫版四冊にも渡る壮大な物語を二時間近くの映画でやる、というのには無理があるんでしょうねぇ。

教習所は、明日いよいよみきわめっす。
さて、縦列と方向転換はうまくいくのか、心配っす。
[ 2006/03/03 22:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanshigyoku.blog47.fc2.com/tb.php/34-04762514








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。