スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

重耳 

19806996.jpg

初めて、春秋時代の小説を読みました。
三国志だけ知っていてもあかんなって思いつつ、買ったのがこの重耳。やっぱ宮城谷氏のが一番この時代ではメジャーなんで、難しいかなぁって思いつつ、買いました。
そしたら、めっちゃ面白い!!まさか、こんなに面白いとは思いませんでした。重耳って家臣に恵まれてるなぁとか思いつつ。
で、これを読んで思ったこと。
僕のハンドルネームの字である子玉が出てきてびっくりしました(笑)。
本名は成得臣って言うんですね。やっぱ、これでも子玉は字でしたかぁ。
適当につけた名前やったのに・・・笑)
で、また、今度は違うこの時代の本を読んでみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2006/08/16 14:16 ] | TB(0) | CM(1)

香乱記 前編 

kouran.jpg


香乱記、ただいま読んでいる真っ最中です。
で、タイトルが前編なのは、まだ僕が2巻までしか読んでいないから・・笑)
僕はすごい本読むスピードが遅いんで(ってか最近はあまり活字読んでなかったので・・)、けっこう時間かかったりしてます。
今までの宮城谷氏の話は結構内容が奥深く、しかも氏がよく書かれている春秋戦国という時代は、ほとんど無知に近いので、全く読む機会もなく、氏の三国志も実はすごい中途半端なところで止まっています・・・。
で、なぜこの本を読もうと思ったかといえば、関龍白殿が、すごい面白いって仰られていて、で内容もまだわかる漢楚の争いのときなんで、読んでみよう、って思ったんです。
そして、読んでみるとめっちゃ面白い!一巻の最初のほうは意味が全く分からなかった、という部分もあるんですが、すごいよかったです(ってか今まだ読み終えていないので、結論付けられませんが・・)。
今まで斉の田氏といえば、酈食其が釜茹でにされ、韓信によって滅ぼされる、ぐらいのイメージしかなかったんで、すごい驚きが一杯ありました。
早く続きを読みたいです。
[ 2006/05/21 23:56 ] | TB(0) | CM(3)

欲しい本 

最近、どうも色々と欲しい本があって困ってます。
最近は中国の歴史よりも、塩野七生さんの「ローマ人の物語」にハマってます。
なんか、すごいローマ史っていうのもおもしろいなぁって思い始めて。
読むスピードが遅いんで、まだ、9巻の「ユリウス・カエサル ルビコン以前 中」を読んでます。
最後まで多分読みますので、それだけでも結構な金になりますよね。
それに合わせて欲しいのが、「ガリア戦記」。
気分的には、タキトゥスの「ゲルマニア」も読んでみたいですけど、面白みにかけそうなんで・・・。
で、まぁ色々と見てみると、古代ローマ・ギリシア系の書物の日本語訳が、けっこうお手ごろな価格で出てるのに驚きました。
ヘロドトスの「歴史」や、トゥキディデスの「戦史(歴史)」、ポリビオスの「ローマ史」などなど。
ぜひ機会があれば読んでみたいです。
[ 2006/01/08 00:00 ] | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。